プリリジーがあれば早漏症を改善

プリリジー(Priligy)とは、早漏症の治療に用いられる薬品成分ダポキセチン(ダポクセティン)を配合した医療用のお薬です。

およそ10人に1人の割合で日本人男性が早漏症を抱えていると言われています。
早漏症は専門外来でも治療を受けることが可能であり、ここで投薬療法として医師が処方するお薬がダポキセチン配合薬(プリリジーが一般的)です。

作用としては短時間作用型となるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害)に属する働きを持っており、脳内のシナプス前ニューロンから送られる神経伝達物質のセロトニンがシナプス後ニューロンにあるセロトニン受容体に作用する際に、蓄積されたシナプス間隙のセロトニンをセロトニントランスポーターに再取り込みされることを防ぎ、脳内シナプスのセロトニン濃度を安定化させるため性行為においては早漏の改善に繋がるという仕組みです。
このSSRIの効果から、通常は抗うつ剤などの成分としても使用されており、その高い効果は立証済みです。

プリリジーは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門となるヤンセン・シラグ社が開発を行っており、数多くの臨床試験を経て確かな効果が期待できることから世界中に普及している早漏治療薬です。
被験者およそ6000人を対象にした臨床試験では、膣内に陰茎を挿入してから射精に至るまでの時間を計測したところ、プリリジー30mgを初回服用時には約2分、12週間の適宜使用後には約4分以上の射精延長に成功したと報告されています。

このようにプリリジーは早漏の男性にとっては救いの手になることが認められ、大変多くの方が愛用している人気のお薬となっています。
また、ポゼットなどの名称でジェネリック医薬品も低価格にて販売されるようになり、ますます需要が高まってきています。
もしも男性の方で早漏にお悩みの際は、ぜひ一度お試しになってみてください。